【画像】LUNA SEA河村隆一の顔が変わった・太った?原因はステロイド治療の影響?

芸能人・アイドル

LUNA SEAは、今年結成35周年を迎え、今なおテレビ出演やライブで大活躍しているヴィジュアル系バンドです。そんなルナシーを久しぶりに見たという方は、「河村隆一、太った?」「河村隆一の顔が変わった」とビックリされた方も多いようです。

結論から言うと、河村隆一さんは決して太ったわけではありません。ステロイド治療の副作用で、顔が太ったように見えているだけです。

今回は、久しぶりに河村隆一さんを見て「太った」・「変わった」と思われた方向けに、

  • 河村隆一の顔がパンパン・太った原因は?
  • 河村隆一はステロイド治療をしている?
  • 河村隆一は顔がむくんでいなければ今もイケメン!?

上記について解説します。

河村隆一さんは現在53歳!

河村隆一さんは、1970年5月20日生まれ。2023年1月現在、53歳です。

デビュー当時は「レイラ様」と呼ばれ、狂気じみたルックスが特徴だった

デビュー当時は、まるでボクサーのようなスラっとした体形に、奇抜なヘアスタイル・メイクで、ルナシーに入る前のバンドの名前「レイラ」のまましばらく活動しており当初は「レイラ様」と言われていました。

引用:https://www.pinterest.jp/pin/632403972668714992/

ソロデビュー後は好青年キャラに

1997年には、「河村隆一」としてソロデビュー。歌唱スタイルも、LUNA SEAではシャウトしたり荒らげるような歌い方をしていたのに対して、甘い歌声で女性からの圧倒的な支持を得ました。

引用:https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=XSnH04A6wV4

最近の画像

そして、最近の河村隆一さんの画像がこちらです。

若い頃のシュッとした輪郭からはガラリと変わっており、当時の姿を知っている人から見ると「太った」と思うかもしれません。

筆者がLUNA SEAファンになったのは2021年夏。それまで河村隆一さんの存在をよく知らなかったので、逆に昔の姿を見て「こんなにシュッとしてたの!?」と驚きました。

原因はステロイド治療によるもの

河村隆一さんは、2019年に肺腺がんの手術を受けられており、また、2022年には声帯にできた静脈瘤の除去手術を行っています。

2019年、肺腺がんの手術を受け肺の一部を切除している

こちらのインタビューによると、CTスキャンの結果から、呼吸器内科にて「肺腺がんの可能性がある」と言われ、外科の先生にも診てもらったところ、「すぐ手術をしたほうがいい」と言われたそうです。

――即手術というのは、そんなに悪かったということですか?

河村:いえ、そうではなく、逆に「まだ軽く済むうちに取ってしまったほうがいい」と。というのも、病変が胸壁に近く、2ミクロンくらいのすごく薄い壁から――(中略)――胸壁を破ってがんが外に広がってしまった場合、別の臓器に転移して瞬く間に全身に広がって、仮に今がステージ1だったとしても一気にステージ4になってしまう可能性があるそうなんです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/3468c7c16efa3d8a4a89e8b1149f407efd768ed1

――肺がんの一種である肺腺がん。肺は、河村さんのような歌手にとっては重要な臓器ですから、いろいろ思うところもあったと思いますが。

河村:まず自分ががんだと気づいた時、初めて“死”というものを意識しました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/3468c7c16efa3d8a4a89e8b1149f407efd768ed1

現在は、「再発のおそれはない」と言われてはいるものの、定期健診を行うようにしているそうです。

2022年、声帯の静脈瘤の除去手術をしている

2022年には、声帯にできた静脈瘤の除去手術を行いました。この発表をしたのは、コンサートツアー最中である2021年12月23日でした。直近では年明け1月8、9日に埼玉公演を控えていましたが、予定通り開催されました。

筆者は、2022年1月のさいたま公演に参戦したのですが、開演直後からかなり声が苦しそうで、本調子でないことが分かりました。それでも、最大限の力を振り絞って熱唱される姿に、魅入ってしまいました。

現在もステロイド治療で喉の治療を行っている

肺腺がん、喉の静脈瘤の手術をした河村隆一さんは、今もなお喉の治療のためにステロイド治療を行っています。

ステロイドには体内に水分を溜め込む作用があり、この副作用により顔がむくんだり、太ったように見えているのです。

むくんでいなければ今もイケメン!?

ステロイド治療の副作用により、顔がむくんでしまっていることが分かりましたが、むくんでいなければ今もなおイケメンです。若い頃よりもダンディーさが増して、大人の魅力を感じます。

なんといっても、穏やかで優しい語り口調で、ステージ上のキリっとした姿に対してちょっと天然というギャップがあるところがいいですよね。

見た目にかんしてあれこれと言われていますが、LUNA SEAというバンドに対する愛と、歌にかける情熱、そしてちょっと抜けているところがあるという性格、どれをとってもやはり魅力的だなと思います。

2023年にはセルフカバーアルバムを発売!

2022年に声帯の静脈瘤除去の手術をしており、まだ元の調子ではない状態でありながらも、昨年にはセルフカバーアルバムを2枚リリースしました。

演奏が当時よりも重厚感を増すなか、本調子ではない河村さんの歌唱が「エモい」「今の声もかっこいい」という声がありました。

個人的には、「G.」の再録がめちゃくちゃ好きです!歌詞がやや中二病っぽい尖った感じがあるんですが、50代のルナシーが奏でるG.は大人の魅力と未だ衰えぬ勢いが感じられて最高です♪

LUNA SEAは今なお精力的に活動中!

LUNA SEAは今年で結成35周年をむかえます。

河村隆一さんの喉の調子はまだ元通りとは言えないものの、テレビ出演もちょくちょくされており、昨年は6月に「テレ東音楽祭2023夏」にて「TRUE BLUE/DESIRE」、年末のFNS歌謡祭で「ROSIER」を披露しました。

私自身、LUNA SEAの存在は名前しか知らず、たまたまテレビで「ROSIER」のパフォーマンスを見たことがきっかけでファンとなりました。河村隆一さんに関しては、過去の姿を知らなかったので顔が太ったなど当然何も思わず、「めちゃくちゃかっこいい!!」と一気にファンになりました。

SUGIZOさんも仰ってましたが、最近は10代20代など若いファンも増えているようです。当時の姿を知らない人がこれだけファンになっているということは、今のルナシーにそれだけ魅力があるということです。

河村隆一さんは病気の治療の副作用により顔が太った、変わったと言われていますが、LUNA SEAの「最幸」なパフォーマンスは健在です。

今後のさらなる活躍を期待・応援しています!

タイトルとURLをコピーしました